前の日記 | 次の日記

坂元昭二ライブin名古屋城

 さて、ビアガーデンでしっかり腹ごしらえをした友人と私は、会場となっていた芝居小屋へ向かいました。ライブは20:00からですが、19:00から地元ラジオ番組出演のタレント・局アナウンサーら出演の「尾張名古屋時代劇」が行われる事になってました。「時代劇」という文字にも惹かれましたし、席の確保の為にも19:00前から前方の席で待っていました。

 私のご贔屓のタレント・アナウンサーは前日(1日)に出演済だったんです。この日は全く知らない方ばかりで私的にちょっと残念でした。
 内容はというとお客さんに楽しんでもらうというのが目的なので、なにか文化祭の出し物のような感じでした。地元のアナウンサーがこぞって出るということで、リスナーの人たちが多く詰め掛けている様子でした。各アナウンサーの追っかけ?みたいな人もいて、こういう世界もあるんだなあ…と感心しちゃいました。
 40分ほどで芝居が終わり、あとは目当ての坂元さんのライブイベントを待つばかりです。

 坂元さんはギタリストで、私がさだまさしさんの追っかけをしていた頃にコンサートツアーに参加されてたのです。坂元さんのギターの音色はとても暖かく大好きでした。追っかけも慣れて来ると(?)、「さださんは勿論いいけど、やっぱ坂元さんのギターがいいわぁ」と傾倒していったのです。さださんにはプレゼントとか贈ることもあまりなかったけど(…おいおい)、坂元さんには「何を贈ったら喜んでもらえるだろう?」なんて、頭を悩ませたものでした。
 因みに、同行した友人はマリンバ・パーカッションの宅間久善さんがご贔屓でした。

 20:00になりライブが始まって坂元さんがステージ中央に出てきました。会場から拍手が起きます。最前列に座っていた友人と私が「坂元さーん」と手を振ると、「おお!」とびっくりした顔をされました。覚えててくださったようです。
 追っかけをやめて9年、久々にお会いした坂元さんは相変わらずお洒落でお優しげで、ちょっとふっくらされたようでした。時間が限られていた所為か、トークも少し押さえ目だったようです。

 「北の国から」のエピソードなどを交え、メインテーマ曲やシュウのテーマ、オリジナル曲などを披露されました。1時間弱のライブはあっという間でした。
 久々に耳にする坂元さんのアコースティックギターの生演奏はとても心地よかったです。美しいギターの音色・メロディラインを堪能し、夏の暑い一夜に清々しいひと時を過ごすことが出来ました。

 ライブのあと、ふと後ろを見るとなんだか見慣れた顔が…。昔、さださんの追っかけで何度か一緒だったDさんでした。ライブの前に、追っかけしていた当時の思い出話に花を咲かせていてその人のことも話題に上っていたんです。その彼が目の前に!まるで夢か幻を見ているようで「え、もしかしてDさん?!」と声を上げていました。いやー、まさかここで再会するとは…。

 オリジナルCDの販売があり坂元さんがサインをしてくださるということだったので最後尾に並びました。順番が来て坂元さんが私の顔を見て言うんですよ。「年取ったねー」って。もー、久々に会ったファンにそういうこというかなあ(^^;)。自分としては9年前と変らず若々しいつもりでいるんですけど、やっぱり年月には勝てないようです。
 本当に楽しく過ごせたので出掛けてよかったです。

スポンサーサイト

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

【コメント】







 

Trackback

トラックバック機能は終了しました。

カレンダー
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
最近の日記
カテゴリ
ブログ内検索

コメント
自己紹介
リンク
お薦め有名人ブログ
水島かおりの爆竹秘話
ほりうちのココだけウルトラ話
野村 将希ブログ
三波豊和のあんな話こんな話
石丸謙二郎 オフタイム
俳優 堀田眞三(グランパ)です。
鷲生功 眼力(めぢから)BLOG
松重豊「修行が足りませぬ」
付”録”西村和彦 公式ぶろぐ

リンクは張ってないので
コピペして検索してね☆
月別ログ
お知らせ
 当ブログに関係のないトラバ・コメントは予告なく削除します。
その他
携帯
qrcode
スポンサー