スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

民衆の受難

 昨日、コーラスの発表会があり我が団も参加してきました。披露してきたのは、これまで一生懸命練習してきたミュージカル3曲、メモリー(キャッツ)・サークルオブライフ(ライオンキング)・民衆の歌(レミゼラブル)です。

 そのうちサークルは私と友人・他の4人でソロの部分(歌詞メロディライン)を歌いました。も〜、これは筆舌に尽くしがたいプレッシャー!そりゃあこれまで、ご近所の迷惑も顧みず、自宅で大音量・本気練習してましたから、汗。(本番の出来は、また後日にでも…)

 今日の本題はこちら。
 私の民衆の歌の担当部分は前半がソプラノ・後半はメゾソプラノを歌うという変則でした。私は自主練で既にソプラノパートを覚えちゃってたんですよね、汗。初めてのお稽古の時に先生から「途中からメゾに入ってね」と言われて愕然。右隣から向こう側のソプラノの仲間たちの音量と音域が半端なくて、釣られる〜、大汗。民衆の戦いの歌ならぬ、私とソプラノの戦いの練習の日々でございました。本番前には釣られることなくしっかりとメゾの皆さんに交じって歌い上げられるようになってましたよ。それはそれは、これも自主練が大変だった…涙。
 この曲は通常の前列後列の2列のきちんとした並びでなくミュージカル風に(?)、アクションを付ける、立ち位置を前後バラバラにしたり前に立たされたり肩を組ませたり、なんていう演出をされてたんですけどね。真面目にコーラスやってきた団員は急に動けと言われてもなかなか難しい…。

 そして本番当日の直前声出し練習でのことです。きっと先生は物足りないって思ってらしたんでしょうね。民衆のうたの頭に「♪列に入れよ、われらの味方に 砦の向こうに世界がある 戦え!それが自由への道」って、歌詞があるんですが…。
 先生が「まる子、“列に入れよ”で前に出てきて、“我らの味方に”(自分の胸を親指で指して)、“砦の向うに世界がある”(高く大きく腕を広げる)ってして」ですって!なんで私なんですか〜!
 「急に言って、できるのはあんたしかいない」って、大汗。
 唯でさえ私は結構前の立ち位置だったのに、うっかりしたら指揮の先生より前にいっちゃうじゃん!オーマイゴー、愕。
 「堂々とやって!」との指令を受けまして、ちゃんと本番では前に出ましたよ何歩か。そして先生の指令通りアクションし、「♪戦え!それが自由への道」では拳ぐらい握って上げたかも?…汗。
 で、先生の間近まで来てたので、これはいくらなんでも近い!と思い、次のフレーズで徐々に下がっていきました。後ろに立っていた仲間達は「あ、まる子が下がってきた、笑」と思ってたそうです。ホントにひやひやモノでした。不自然じゃなかったかなあ…大汗。
 そして後半のメゾソプラノと合流し最後まで歌い上げるところもしっかりとできて満足☆

 で、録音してもらったものを後で聞いたら、頑張った後半のメゾのパートの部分は、大音量・超高音のソプラノの声にかき消されてなーんにも聞こえませんでした…号泣。あんなに頑張って歌い上げたのに…。
 その音源はソプラノ寄りの客席に座ってた人が録音したものだったんですよね。中央からアルト寄りの席にはどう聞こえてたんでしょう…???
 ああ、残念…涙。

コーラス追込み

 20日のバス乗車・新穂高行きは何とか無事に終えてお客様にお喜びいただきました。26日に開催されるはずだった町民フェスティバルは一年間準備をしてきたのに台風27号の影響で中止。昨日・27日は文化協会研修会で県内某市に行ってきました。
 バタバタとしながらも、着々と予定と行事をこなしております。

 そして今は…。11月上旬に控えているコーラスの発表会のためのお稽古も追い込みです!ミュージカル・ライオンキングの「サークル・オブ・ライフ」の練習も佳境に入っています。本番では歌詞・メロディーラインのソロパートを私を含む4人で、主なコーラス部分を30人ほどの団員で歌うことになります。 (←発表会では先生が私たちのクラスとは別の枠で教えていらっしゃる若手の女子数名が加増します)

 今日初めて、若手グループのソロ二人との合同練習でした、汗。これまで友人とはしっかり合わせてきたのに、声質の違う若手二人が加わることでどうなるんだろう?と不安に思っておりましたが、何とかまとまることができよさげに聞こえるようになりました(^^;)。

 4人のうち、私は特に小柄、汗!他の3人は正反対で背が高い!4人並ぶと凸凸凸凹、って感じかな…汗。そうしたら今日のお稽古で仲間が「まるちゃん、小粒だけど頑張ってるね(^^)」って。これってほめ言葉ですよね(^^;)。

 一番仲良しの彼女が隣の立ち位置で、これまた素晴らしい歌声なので、私も歌っていてとても気持ちがよくて最高です!今日のお稽古は本当に楽しかった!
 彼女に合わせてついていけるように頑張ってます。あと半月、無事に本番を迎えられますように…!

ソロパート着々

 趣味のコーラス活動の件。7月上旬から始まってるミュージカル曲・3曲についてです。もちろんと言いますか、3曲とも日本語です。
 譜読み・音取りが最終段階になってます。クラシック系の合唱団なので、先生の指導は結構厳しいです…汗。 

 「メモリー」は、私としては前も書きましたが何十年もバリー・マニローの英語で聞いてるので、今さら日本語で聞いても楽譜の音符にうまくはまらない…涙。
 ←英語で歌わせて〜〜!

 「サークルオブライフ」、私と友人が歌詞のソロを歌うんですが…。自主練習も相当してますし、音程も音量もまず問題ないです。あとは、まだピアノがない部分・冒頭の「♪マ〜 ツベンニャ〜」ってなところ(ピアノ伴奏がない部分)の、拍子の取り方が…汗。全体で合わせると、スピードがだんだん遅くなっていく…汗。歌いづらい…涙。
 その曲の全編に「♪ウムマーニャイングナママ〜ニャ」という繰り返しのコーラスがあります。アルト・メゾ・ソプラノと25人ほどのメンバーがそれを歌います。16分音符が非常に多くて同じ音が続くし、単純なんだけど返って音程も取りづらいみたいです。年配のメンバーも多いし…汗。
 で、そこで私と友人が大音量でメロディーを歌うと、「釣られて、迷うから程々で〜〜、涙」ってお願いされるんですが…汗。無理(^^;)。

 「民衆の歌」、メロディーはすごく簡単!なんだけど、各パートの音が近いし、旋律が入れ替わるんですよね。非常に面倒くさい…汗。で、音階が高めなので、ソプラノは声を張る結果に…汗。
 するとまたアルトからクレームが…汗。


 お稽古の前、早朝に台所で声出しして練習をしていくんですけどね。
 自分のパートの高い音ってしっかり腹から声を出してちゃんと発声しないと出ないし、そうでなくちゃ練習にならない…汗。
 なので、先々週、本気で台所でそれをやってましたらお隣に筒抜けで…汗。
 そのお隣の奥様も同じコーラス仲間でね。「まるちゃん、朝から頑張ってたわね!」なんて言われたりして…!大汗!

 で、昨日の朝、控え目に歌ってからお稽古に行ったら、練習会場で「まるちゃん、今日は小さい声でやってたわね、気なしなくていいから!普通に歌っていいのよ!」って…汗。
 またそれもみんな聞いてたから大爆笑で…大汗。

 私、態度も声も大きいらしいけど(汗…自分はそう思ってないよ!)、ほんとに気は小っちゃいんですよ!だから粗相がないように、お稽古の前には早朝から発声しておかないと気がすまないの…涙。
 ご近所迷惑も気になるしなあ…悩ましい。

サークルオブライフ

 コーラスネタで先回、秋の発表会では「サークルオブライフ」のソロパートを何人かで担当することになったと書きました。相方の彼女は素晴らしい歌い手だし、絶対に迷惑をかけることになると…涙。せめて少しでも予習して何とかついていきたいと頑張る毎日です。
 そのため、ネット検索して動画を見て参考にしようと思ったんですが…。同じ楽譜を使って歌ってるものがないんですよね。調も違うし、歌詞も違うし、拍も違うし…。カラオケとは違って、やっぱり合唱というと楽譜通りに歌わないといけないし…。劇団四季などは、冒頭はアレンジしまくりで参考にならないし…涙。

 困っておりましたら、 「同人音楽の森」ってサイトを見つけました。音楽・楽譜の音源がダウンロードできるんです。金額も高くないし、楽譜通りの音を予習できれば…と思い、購入・ダウンロードしました。
 デジタル音なので随分とイメージは違いますが、使う楽譜通りに演奏されているのでとっても勉強になります。歌詞が入っているもの、パートの単音が入ってるもの、ピアノだけのものや、他のパートも一緒に入ってるものとかあって、こりゃあいい〜!やる気になって自主練習を始めました。

 我が家は自衛隊の防音区域に入ってますので、それ用の防音窓になってます。なので、中からの音も外には出ないかなあ〜なんて…汗。
 窓を閉めればご近所迷惑にならないだろうと、暑いさ中に窓を閉め切って汗を垂らしながら音源に合わせて歌ってました。高音域は特にちゃんと発声しないと出ないので、しっかりと歌い上げてました。
 ふと窓の外を見るとお隣の奥様(同じ合唱団のお仲間)が通るのが見えまして…。そのすぐ後に、ピンポーン、「まるちゃん、いる〜?」とその奥様がご来訪!
 え?すごいタイミングだけど、何?何?
 奥様は美味しいもののお裾分けに来てくださったんです。よかった〜、歌が聞こえてて、クレームに来られたんじゃなかった…ほっ。
 一応、念のため、「さっき、前を通りましたよね?私歌ってたんですけど、音、漏れてました?」と聞きましたら…。
「ああ、聞こえてたわよ。何歌ってるのかは分からなかったけど、歌ってるのは聞こえたてたよ」
…あら、そうですか…。やっぱり窓を閉め切ってもダメなんですね…。恥ずかしすぎる…涙。どのくらい漏れてるんでしょうね。うー、これからの自主練、どうしよう…とほほ。自主練しないわけにいかないしなあ…。
 日中だけにしますので、ご近所の皆さんお許しください…。

コーラス、音取り

 先週、合唱祭が終わり、11月の発表会に向けて新しい曲の音取りが始まりました。7月には別の発表会があるのですが、そこではこの間と同じアベマリア4曲を歌います。もう暗譜はできているので、その更なる練習と並行して新しい曲にも取り組み始めます。
 ガチガチのクラッシックの曲をやってきたので、新しい曲は180度方向転換!ミュージカル3曲、キャッツの「メモリー」、レ・ミゼラブルの「民衆の歌」、ライオンキングの「サークル・オブ・ライフ」です。先生の選曲、すごい…。ちゃんと歌えるようになるのかな…汗。

 まず「メモリー」から音取りが始まりました。日本語で歌うんですけどね、これが難しい…。私が好きなアメリカのアーティストがこの曲をカバーしてまして、もう何十年もその歌手の歌(もちろん英語)で聞いてます。それで覚えちゃってるので、日本語訳の歌詞を音符に当てはめると気持ちが悪い…涙。
 英語で歌いたい…という私一人の希望が受け入れられる訳もなく、日本語での音取りが進んでおります…。
 「サークル・オブ・ライフ」のメロディラインはソロなんですが、それをソプラノの中から4人程度で歌うことにしたいと先生がおっしゃいまして…。そのメンバーに私も入っています。選考理由は「力強い曲だから元気がいいの」って…。あれ?アトムと一緒?…汗。
 アトムで一緒だった仲良しの彼女ももちろん一緒です。彼女は音大の声楽科卒の「ホンモノ」です。本当に素晴らしいんですよ。私、迷惑かけないように彼女に頑張ってついていきます…。(ほか2名ほど?はまだ未定みたい)
 

合唱祭、無事終了

 昨日、某市で開かれた合唱祭に参加してきました。3月から練習してきた曲、アベマリア4曲を披露してきました。

 原語の歌もあり暗譜の作業も大変でしたが、何とか覚えられ多少なりとも表現できるようにはなってました。…と思います(自己判断)。多くのお客さんに観ていただき、大きな失敗もなく無事に終えることができました。

 笑ってしまったエピソードは…。
 合唱祭の最後には一曲、出演者・観客全員で合唱をします。今回は「鉄腕アトム」でした。各団から代表2名ずつがステージに上がり、ほかの団員たちは客席で歌う、ということになっておりました。うちの団の代表は私と一番仲のいい友達の二人(ソプラノ)が選ばれてました。先生曰く「元気がよくてアトムに似合ってるから」だって…汗。どんな選考理由なんだか…。

 リハーサルの時、二人でステージに上がったんですが、係の誘導もあまりなく前が詰まって進めなくて端の方で止まってしまい、ピアノのすぐ脇に…汗。客席の仲間たちがジェスチャーで「真ん中へ行け!」といっておりました。でも詰まってて進めないんだもの〜。「ムリムリ」とジェスチャー返し。
 並びとしては、平台1段目が一列目、2段目が二列目、3段目に三列目の人たちが乗ります。私たちは最前列の1段目にいました。そうしたら、何故か私たちの前だけ(段なし舞台フラット)に、地元の合唱団のメンバー二人が立ちはだかり…汗。特に私は背が低いので前に人が立つと全く見えない…悲。
 リハ後には、仲間から「なんで真ん中に行かないの!」「前がいて見えんかった!」などと言われまして…。中央あたりは空いていたそうなんです。係の誘導があまりなくて、そこそこ手前でみんな止まっちゃって、ステージ両端の人口密度が高かったようです。
 本番では中央寄りに行けと指令を受けまして…、できるかなあ、そんなこと。

 本番になりまして…。
 友人が先に行き私が後について行ったんですが、やはり前が詰まってしまい、中央までは行けず…。しかし客席の仲間からは、「もっと真ん中に行け!」とまたもやジェスチャー。しかし現場のこっちはすし詰め状態でなかなか動けず…。そうしたら、

なんと友人が私を舞台フラットに突き落としたんです…!
え〜〜〜?

 私は地元合唱団2人の間に、ポンと都合よくはまってしまいました。びっくり仰天!1段目に戻ろうとしたら

友人がブロックしてて上がれない…大汗。
こら〜〜〜!

 その地元の方が「どうぞ」と言ってくれたし、戻る場所もないし、せめて地元民に挟まれないようにと、立ち位置を変わってもらいました。挟まれてるのはいくらなんでもやだ…涙。

 客席の仲間たちはその一部始終を当然注視してたようで、私=最最前列、その後ろ・最前列=友人となったのを、大喜びしてました。他人のことだと思って!ドキドキしましたよ。
 「鉄腕アトム」はしっかりと楽しんで歌ってきました☆

 友人は「真ん中までは行けなさそうだったしさ〜。周りの人も窮屈だって言ってたし、ちょうど前にいいスペースがあったから〜。イヒヒ(^щ^)」だって。あとで、団員のみんなから「グッジョブ!」「よくやった!」と褒められ喜んでました…おいおい。悪魔の笑顔を観た…。

 ま、いっか…、「二人ともとってもよく目立ってた」とみんなにも喜んでもらえたし、私も大笑いしちゃったし。まさか突き落とされるとはね…汗。

どつぼな日々

 前回のブログを書いてから、3月28・29日と一泊で三重・和歌山の旅行を楽しんだまではよかったんだけど…。
 お仲間の合唱団の演奏会の準備〜本番当日(3/30〜31)には、我が合唱団の代表としてお手伝いに行ったんです。その日だけお手伝いに行ってた私なのに…。問題の件に全く関わってなかったのに、居合わせただけで顔が知れてるだけに面倒くさいことに…涙。「巻き込まれ大事故」に遭ったようなものでした。本当に生きた心地がしなかった…涙。
 続いて、週半ばの文協の会議で散々な目に遭い…。嫌がらせか…?どつぼの一週間でした。
 なんでこんな目に遭わないかんのやろ…涙。

 と、そんなこんなでパソコンに向かう根性もなくあれこれほったらかしに…。
 また追々、和歌山旅行のことなどUPします。 

アベマリア

 先月のコーラスの発表会も無事に終わり、今はまた新しい曲の音取りをしてます。5月・7月の発表会で歌う予定です。私は先週、バスの乗車でコーラスのお稽古を休んだので、録音してもらった音源で自主トレです。

 なじみのある歌謡曲のアレンジなら気が楽なんだけど、久々の本格的な楽曲、アベマリアです。しっかりとした音楽教育を受けてきたわけではないので、相当敷居が高いです…涙。
 バッハ、モーツァルト、カッチーニなどを歌います。暗譜なので今から怖いです。原語のものもあるので頭痛い…涙。


 そうそう、また来週、急な話なんだけど選挙カーに乗ります。また一週間ブログも留守しそうです。
 勝てるように頑張ります! 

苦手なひらがな

 日々、文字練習しながら、ガイドの案内文の整理をしつつ、綺麗な文字を書けるように頑張ってます。日本語の文章はやっぱりひらがなが多いので、ひらがなを綺麗に随分印象が変わります。

 とはいっても、私はテレビ番組のコーナーから入ったんで。TVでは例題の漢字の形のレクチャーばかりなので、TVを見てるだけではひらがなは上手くなりません。
 それでも、それぞれの漢字の「空白を大事にする」「撥ね、止め、払いを気にする」ってだけでも、漢字の見栄え変わって、書類全体の印象が全く変わりますよ。

 青山さんの本で、基本練習と漢字の構成の練習を日々していますが…。
 どうしても苦手なひらがながありまして…汗。「ふ」は全体のバランスを取るのが難しくて、うまく書けるのは3割くらい。野球なら強打者なのに…汗。
 それと、例で出しましたがオレンジ色の点で囲ってる、「ほ」などの止めの前の、気持ち折るところ。これが上手く綺麗に止められないので、「ま」「は」「ほ」「よ」「ね」「ぬ」「る」が、綺麗!とまで行けなくて…涙。
 

 で、懸案事項が現実に…汗。
 本での勉強前に、TVで学んだことを生かして、そこそこ綺麗な字になった時点でガイドの資料・静岡県は完了してました。(今月頭に作成)
 それで、本を買ってしっかり練習を始めて(今月中旬以降)、今となっては、出来上がってた資料はひらがなが汚い!

あ〜〜っ!もうっ! 

 気になってしょうがない!…涙

文字練習

 日々少しずつひらがなの練習が進んでます。
  で、ひらがなが綺麗になれば、漢字だって綺麗に書きたい!ってことで…。使ってる「美文字の鉄則」でも幾つかの漢字の書き方・パターンは紹介されてますが、どうせならもっとほかの漢字も見てみたいと思いまして、次の本を購入。

 今回は漢字の例が多いものをチョイス。同じ青山さんの本です。
「古典的な書写練習法である“お手本をなぞるだけの書写練習”ではなく、自分の文字の欠点に気付き美しい文字を書けるようになるポイントを項目ごとに紹介していきます。
 各項目に沿った特徴的な漢字をピックアップして練習。」ってところがいいです。
 ポイントがちゃんとマスターできれば、大半の字は綺麗に書けそうです。



 今、引き続き「鉄則」本で、ひらがなの練習と漢字の基本練習をしてます。楽しいよ〜。

 私の知り合いで、ペン習字の教材揃えて、それだけで納得したのか諦めたのか、そのまま放ってある人がいます…汗。その気になったなら最後までやり通せばいいのに…。
 変化していくって、楽しいのになあ。私は頑張って美文字になる〜!

カレンダー
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
最近の日記
カテゴリ
ブログ内検索

コメント
自己紹介
リンク
お薦め有名人ブログ
水島かおりの爆竹秘話
ほりうちのココだけウルトラ話
野村 将希ブログ
三波豊和のあんな話こんな話
石丸謙二郎 オフタイム
俳優 堀田眞三(グランパ)です。
鷲生功 眼力(めぢから)BLOG
松重豊「修行が足りませぬ」
付”録”西村和彦 公式ぶろぐ

リンクは張ってないので
コピペして検索してね☆
月別ログ
お知らせ
 当ブログに関係のないトラバ・コメントは予告なく削除します。
その他
携帯
qrcode
スポンサー