スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

違う役で2話連続出演

 サイトに載せるために新作・旧作の東映作品の配役表を作っています。毎日こつこつ書けばいいのに、撮りっぱなしにしてつい何日分も溜めてしまいまして…汗。←デッキの容量を圧迫する要因の一つ。
 それで夕方から時代劇専門チャンネルで再放送されている「銭形平次」のリストも作ってるんですけどね。現在、今月中旬以降の作品をリストUPしてるところです。

 作りながらびっくりしました。第798話「御宿しもだや殺人事件」、第799話「雪の夜の密室殺人」で穂高稔さんが2話連続でゲスト出演されてたんですもん。違う役でですよ。前者は宿の番頭・久七役、後者は万次郎役です。

 キャストロールのゲスト筆頭の穂高稔さんが2話連続で違う役で出られるなんて…。2話目のほうを見たときは、同じ話を再生したか、見間違いか、誤植かと思いました。

 かなり珍しい事だと思いますが、2話連続で違う役で出演する事ってあるんですね。

茶花、CM

 キム兄ィが出演してるペットボトルのお茶「茶花」のCMの第二弾?お殿様が吹っ飛ばされるヤツ、見たことあります? メタボなお腹に弾かれたボタンが命中するお殿様って、立川三貴さんですよね?

 初めは誰だか判らなかったんですけど、何回か見るうちに間違いないと!CMの最後はUPになるペットボトルの背後にボケボケで腹ばいのままの立川さんの顔が…!?

 まさかこんなところで立川さんを見られるとは…。時代劇マニアのみなさん、見てみてください!

 明日の月曜はコーラスの練習も珍しく諸般の事情で行われず(発表会の前なのに)、ゆっくり朝を過ごせそうです。ささやかな幸せ☆

水戸黄門と春駒

 一昨日の「水戸黄門」は郡上が舞台でした。劇中村人たちが踊っていたのは郡上節です。郡上節には何曲かあり、使われていたのは「春駒」という曲です。馴染みのある「春駒」を水戸黄門で見られるとは、ちょっと嬉しかったです。
 
 隣県ということもあるのか、郡上節は私の地域でも馴染み深いです。夏祭り・盆踊りには必ず登場する定番曲です。特に「春駒」「かわさき」。←他県ではどうなんでしょうね?
 お祭りの際には大概、露店でビールを飲んでつまみを食べて(…おいおい)、酔っ払っているので、アップテンポで軽快なステップが多い「春駒」を踊ると、頭がくらくらします(^^;)。

 郡上では夏になると二ヶ月近くにわたり郡上踊りが開かれ、お盆の期間は夜通し踊る「徹夜踊り」もあるんですよ。下駄を履いて踊ると鳴る音がこれまたよくて、見ているだけでもわくわくします。
 曲も聞けますんで興味のあり方は見てみてくださいまし。

http://www.gujohachiman.com/kanko/

…決して私は郡上八幡の回し者ではありません(^^;)。

ええ?!

 今、昨日の「水戸黄門38部」のキャストを書き出してて気がついたんですけど。トメが宮本真希さんでした。ええ?いえ、宮本さんがいけないってワケではないんですけど、何でトメ?先週なら富小路実秋役の金田龍之介さん、その前ならそれぞれ、中島久之さん、近藤洋介さん、山本圭さん、竜雷太さんらが名前を連ねてます。

 普通にレギュラーのあとにゲストが続いて出るところに混ざって出来ても良さそうだけど…。
 うーん、納得いかない…。

御園座「水戸黄門」

 一昨日(13日)、「懐古録」の情報を更新できればと、あちこちネット検索しておりました。その際、今月の御園座公演、里見浩太朗さん主演の「水戸黄門」に目が釘付けになりました。その公演に井上高志さんがご出演されてる事に気がついたんです
 前にも書きましたが、私、井上高志さんが好きなんですよ。井上さん見たさに一昨年マツケンさんの舞台も観に行ったのです(マツケンサンバも見たかったですし)。

 気がつけば今、里見さんの舞台でまた名古屋にいらっしゃってるというのが判り、私は気になって仕方が無く…。
 出演者の皆さんもTVのレギュラーの皆さん、飛猿の野村将希さんも出演されてるし、他にも豪華な方々(私にとって)なので、行きたいなあという気持ちがふつふつと湧いてきました。

 あれこれ考えて迷いましたよ。一ヶ月公演もあと10日ほどしか残ってないし、今頃申し込んでも席が残ってるとは思えないし…。どんな席でも、2〜3階(二等・三等席)でも見られればいいかなあ。そのほうが値段も安いし、正月に散財した私としてはいいかも。いや、もう出費は控えといたほうが……とか、気持ちが行ったり来たり。
 散々迷った挙句、とりあえず電話して席が残ってるか聞いてみよう!と決意しました。

 それがとっても間が悪かった…。電話予約のページを開いてみたら、締め切り時間から10分過ぎてました(T_T)。なんじゃ〜!迷ってないでとっとと電話すりゃぁよかった!と思いました。

 そして翌日(昨日14日)、やっぱり、気になってしょうがないので、チケット予約に電話してみましたよ。そうしたら、あったんですよ、一等席が!驚きました〜!そんな席が残ってるとは夢にも思ってなかったですもの。二等席でも三等席でもあれば御の字と思ってましたし。
 始めに、どの席がご希望ですか?と聞かれ、残っていないだろうと思ったし、「いい席が残っていれば」と言っちゃったんですよ。すると「1階席の花道横の席がありますが」と案内されたんです。え〜?そんな席があるの?と驚きつつも、「もっと安い席でいいです」とは言えず、「まあ、折角出かける気になったんだし、いいところで見られればそのほうがいいか…」と思い直し、結局その花道近くの一等席のチケットを買う事にしました

 生の井上高志さんを拝見できるのは何より楽しみですし、豪華キャストの皆さんもありがたいですし、東映京都からどなたか参加されてるかな〜、という期待も持ちつつ、今度の日曜日、御園座「水戸黄門」公演に出掛けます。予定外の出費(15,800円!)でちょっと痛いですが、その分堪能してきます!!

大忠臣蔵

 三船敏郎さん主演の「大忠臣蔵」(1971年作品)が現在時代劇専門チャンネルで放送されてます。ほかのいろんな番組は再放送が何回かあるのにこの「大忠臣蔵」は土曜の夜中一回だけなんです。
 なので毎週録画しておりました。失敗しないように注意していたのですが、風邪ボケか昨夜の放送をすっかり忘れていました…涙。今頃気がつきました。
 10〜12話が欠落してしまいました。すんごいショック…。
 どこかでまた再放送があるといいんだけど…失敗したと思うと、余計に見たい!!ぐっすん…。
 あーん、何で忘れちゃったんだよォ、まる子〜!…自己嫌悪の塊です…涙。

流石に飽きる…涙

 先月からウグイスのアルバイトや年末の掃除や種々雑多な事柄でほとんどTVの前にゆっくり座って東映作品のチェックをすることも出来ず…。チェックしないことには消すことも出来ないし、デッキのHDDを圧迫。録画したままたまりにたまって、残りの空き時間数は一桁に…。
 で、慌しい正月も過ぎ、昨日から一生懸命見てるんですけど、何時間も続けてると流石に東映ファンの私でも飽きる…涙。
 今日明日と「白虎隊」の放送があるのでまた録画するし…。はあ、頑張らないと…。

幻の水戸黄門4部?

 TBSの公式サイトをチェックした際、来月再び「水戸黄門4部」が放送されるように書かれてました。DVDに撮り直せる!と楽しみにしていたのです。
 ところが昨日届いた「スカパー!4月号」で確認したところ載ってないんです!再度、公式サイトで確認したらやはり4月のラインナップにちゃんと載ってて「※詳しくは週間番組表をご覧ください。」と書かれてました。
 ですので、サイト上の番組表で確認。でもやっぱり番組編成に入ってませんでした…(T_T)。
 メールで問い合わせてもいつ返事が来るか判らないので電話で問い合わせました。担当の方に調べてもらったら「あら、本当に番組表に入ってませんね…」と向こうもなんで?っていう感じなんです。5月以降も予定に入るかどうか判らないようで、サイトに4月のラインナップに載ってた事が間違いだったかも?…というような反応でした。
 すんごいがっかりです(T_T)。
 TBSチャンネルは水戸黄門と大岡越前を目当てに加入してるので、4月は撮りたいものもないし解約しようと思っています。

水戸黄門

 今週から地上波・CS(TBSチャンネル−スカパー)ともに水戸黄門が見られるようになりました。地上波は15:50〜、CSは17:00〜の放送です。地上波で西村黄門、CSで東野黄門が見られて嬉しい限りです。
 地上波では、昨日、一昨日と21部の初回二時間スペシャルが前後編に分けられ放送されました。ゲストも豪華でまさにスペシャルという感じ。小松政夫さん、川合伸旺さん、内田勝正さん、大前均さん、宮口二郎さん、高野真二さん、井上昭文さん、牧冬吉さん、荒木雅子さん、中丸忠雄さん、根上淳さん、高松英郎さん、中条きよしさんら。うーん凄い。
 私が大喜びしちゃったのは、川合伸旺さんの変装=茶店の老婆姿です。ほっかむりして腰を曲げて特殊メイク?な川合さんがお茶を出す姿って…。川合さんのあんな姿なかなか拝見できませんもの。内田さんのロン毛ソバージュ風な髪にもぶったまげますし。巨漢外道キャラな大前さんの迫力も凄いです。あの方が白塗り顔で棺桶から生き返ったら八兵衛でなくても腰を抜かしそうですもん。仕掛けも悪事も大掛かりで面白かったです。個人的には老公一行を付狙う一団がいるのって展開が広がるしスリリングで好きです。

 そして昨日から始まったCSでの4部は私の大好きな東野黄門。幼少の頃から東野黄門を見て育ったのでやっぱり黄門様といえば東野英治郎さん。東野黄門が画面に出てきただけで嬉しくなっちゃいます。
 出演者の皆さんもめちゃくちゃ若いし、弥七とお新が所帯をもって田毎庵を営んでいて、まあ二人のラブラブなこと!いつも老公を陰ながら守ってる冷静沈着そうな弥七からは思いつかない感じで、すっごい貴重なものを見た気がしました。
 こちらの4部でも中丸忠雄さんが出演されてて、キーマンとなりそうな役どころでした。ご隠居が追い詰められて火を放たれ絶体絶命?!ってなところで昨日の初回は終わりました。うーん、主役が初回からどうかなっちゃう…なんてことは有り得ないんだけど、あのあとどうなるのか凄く気になります。今日の放送もしっかり見なくっちゃ!
続きを読む >>

時代劇好きには常識?!

 以前、友人Y子から「今本屋にいるんだけど、福ちゃんの本見っけた〜」とメールがありました。彼女は全然時代劇ファンというわけでもなく、会うたびに私が「時代劇俳優に峰さんって人がいてね、その先輩で福ちゃんって人がいてね、時々TVでも取り上げられててね。本も出しててね」と事細かに洗脳?していたんです。

 「で、本、買ったのかい?」と聞くと「ううん、買わないよー。ただ、表紙の福ちゃんと目が合っちゃってー」などと書いてきたんです。「なんだー、目が合ったのに買わんかったんかいな」なんて言ってましたら。
 そしたら一昨日、再びメールがありました。「先週また表紙の福ちゃんと目が合って買っちゃったよん。読んだよん。ええお人や。でも関西弁って活字にすると妙〜。いつかNHKで特集見た覚えが。会う事があったら“腰お大事に”とお伝え下さいまし_(_^_)_。」とのこと!

 やった〜!時代劇ファンでもない彼女が、本買ってくれたんだ!嬉しくって喜んでお礼のメールを送ると、「本、居間に置いといてみようかと(エサ?)。私にはわかんない俳優さん達も、親世代には懐かしかろう。」って。
 確かに、あの本には時代劇映画黄金時代のスターさんのエピソードも多いから、私たちの親世代にはぴったりかもしれません。どうなるかな〜と思っていたら…。
 そしてそのエサ?に食いついたお父様!彼女との会話(メールより)。父「何や珍しい本」、彼女「まる子の知り合いだもん」、父「ほうか。いっつも後ろでバッサリ切られとるわ。」って!彼女曰く「時代劇好きには常識なのか…、福ちゃん!」とのこと。“まる子の知り合い”てのも如何な表現かと思うけど、「しかし父が知ってた(ちゃんと顔を見分けて覚えてた)とは意外であった」と言わしめる福ちゃん、スゴイ。

 そのお父さん、福本さんのお名前は知らなかったみたいだけど、「いっつも主役の後ろでばっさり斬られてる」って知ってるってことは、日頃からちゃんと見ててくれたってことですよね。
 ハリウッド映画に出演され日本アカデミー賞で特別賞を受賞されましたし、最近の取り上げられ方は素晴らしいです。TVにラジオに各方面での取材も多いです。
 それでも東映京都で今までどおり色んな役を演じている福ちゃん。基本はお茶の間の視聴者の皆さんにいい演技を見てもらうってことなんですよね。以前、取材に対しご自身も「一人だけでも誰かが“あいつ光ってるな”って思ってくれたらそれでいい」って仰ってました。
 有名になった現在でも、以前と変わらずシャイで謙虚な福ちゃん。いろんな役を演じるところも変わってなくて、やっぱりわれらが福ちゃん!と嬉しくなります。益々お仕事頑張ってください!くれぐれも、腰お大事に!

カレンダー
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
最近の日記
カテゴリ
ブログ内検索

コメント
自己紹介
リンク
お薦め有名人ブログ
水島かおりの爆竹秘話
ほりうちのココだけウルトラ話
野村 将希ブログ
三波豊和のあんな話こんな話
石丸謙二郎 オフタイム
俳優 堀田眞三(グランパ)です。
鷲生功 眼力(めぢから)BLOG
松重豊「修行が足りませぬ」
付”録”西村和彦 公式ぶろぐ

リンクは張ってないので
コピペして検索してね☆
月別ログ
お知らせ
 当ブログに関係のないトラバ・コメントは予告なく削除します。
その他
携帯
qrcode
スポンサー